読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十肩とともに来たる一月中旬

肩が痛い。肩というか背中の肩甲骨あたりが痛い。おそらく四十肩。腰を痛めたときにも感じたが、とにかくくしゃみが地獄である。加齢。 早川書房の異色作家短編集は大学生の頃にぜんぶ読んだのだったが、なぜか最近になって文庫化されているものがあるので、…

一月上旬は朦朧と過ぎる

年が明けても昨日とまったく同じように出勤しなければならない。 今年の1冊目は年末からすこしずつ読んでいたブライアン・エヴンソンの『ウインドアイ』。『遁走状態』の評判は聞いていたものの、ここ数年あまりクレストブックスに心が動かなくなっていたの…