読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十肩とともに来たる一月中旬

肩が痛い。肩というか背中の肩甲骨あたりが痛い。おそらく四十肩。腰を痛めたときにも感じたが、とにかくくしゃみが地獄である。加齢。

早川書房の異色作家短編集は大学生の頃にぜんぶ読んだのだったが、なぜか最近になって文庫化されているものがあるので、ひさしぶりにシャーリイ・ジャクスンの『くじ』を手にとった。表題作はものすごく有名かつ傑作なので黙って読んでほしいのだが、個人的には「背教者」という短編がとても心に残った。何もかもがうまくいかないような気がする朝、主人公の主婦に知らされたのは、飼い犬がご近所の鶏を殺したといううわさばなしで……、田舎のコミュニティの悪意、無神経な夫、残酷な子ども、あまりに無力な自分自身、とにかくすべてが息の詰まるような追いつめられ感に満ちている。

渋谷らくごに春風亭昇々を聞きにいく。1時間たっぷり笑った。新作と古典の区別もつかないくらいの初心者だが、何となく好きな感じの噺家さんがわかってきた。たぶん小説や映画の好みと変わらない。しかし自分の好きなものについてうまく言葉にできないのが、もどかしい。

 直木賞芥川賞候補作を読むのは、もちろん楽しいからに決まってるんだけど(ふだん手にとらないジャンルや作家の小説にふれるのは、たとえ読んでみて好きになれなかったとしても、よい体験だとおもう)、もうひとつ、本屋さんらしい書店員でいたい、いたいというか、お店にそういう人がひとりくらいはいるべきではないのか、という気持ちもあってやっている。その店で直木賞受賞作をひとりも読んでいないとしたら、なんというか、とても貧しい気がする。そりゃ書店は衰退するよな、売ってる人が買ってないし読んでないんだから、と。何はともあれ、恩田陸山下澄人の受賞はすなおによろこばしい。どちらもよい小説だった。

肩の痛みは三日ほどでおさまった。

 

くじ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

くじ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 
蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 
しんせかい

しんせかい