『月の満ち欠け』以前に直木賞を授賞すべきだったいくつかの佐藤正午作品について

佐藤正午様、直木賞受賞おめでとうございます。デビューから30年以上たつわけですが、2年前『鳩の撃退法』にようやく文学賞が与えられたとき、いやもういいんだよそういうのは、このまま無冠の帝王でいたってわたしはずっと新作を待ちつづけるし、そういう読者はいっぱいいるんだから、だいたいいまさら賞をあげるなんて遅すぎるんだよ、直木賞なんて4回くらいもらっててもおかしくないんだから、とひねくれていたわけですが、それはそれとして山田風太郎賞直木三十五賞も、受賞されたことは一ファンとして素直によろこばしく、心の底からうれしくおもいます。ほんとうにほんとうにおめでとうございます。

受賞作の『月の満ち欠け』は文句なく素晴らしい、佐藤正午作品のひとつの到達点ですので、まだの方はぜひお読みください。語りのうまさと緻密な構成でありえない設定を読ませる佐藤正午らしさに満ちた小説です。

月の満ち欠け

月の満ち欠け

 

 

さて、長らく無冠だった佐藤正午、キャリアの中にはベストセラーも映像化された作品もありますし、なぜこれが賞の候補にさえならなかったのかしら、と疑問におもうような傑作もあります。というわけで、『月の満ち欠け』の次に読むなら、やはり『Y』からはじめましょう。

ケン・グリムウッドの『リプレイ』というタイムループものの名作があるのですが(未読の方はこちらもおすすめ)、『Y』はループして何度も人生をやりなおす主人公、ではなく、その友人の視点で語られる物語です。ありえたかもしれない別の人生では、もう名前も顔も思い出せない高校時代の同級生と親友で、彼はまた運命の分岐点に戻るのだという……。ある決定的な事故が分岐点となるわけですが、情報の出しかたが実にたくみで、ページをめくる手を止まらせない小説巧者ぶりを堪能できる一冊です。ぜひお休みの日に読んでください。 

Y (ハルキ文庫)

Y (ハルキ文庫)

 

 

お次は15年前に起きたふたつの殺人事件を描く『アンダーリポート/ブルー』か、ドラマにもなった、もしみんなで買った宝くじが当たったらどうする、からはじまる『身の上話』がおすすめです。どちらもミステリーとしても読めますが、語り手の立ち位置に注目して読むとこの小説家のうまさがわかるはずです。『アンダーリポート/ブルー』は絶対に小学館文庫で読んでください。後日談としてくわえられた「ブルー」があるとないとでは読後の印象がまったく変わります。あと伊坂幸太郎の解説がいいです。

アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)

アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)

 
身の上話 (光文社文庫)

身の上話 (光文社文庫)

 

 

『鳩の撃退法』もはずせない一作。津田伸一の名前を見ただけで、やったやった津田先生こんどはどんな自業自得のひどいめにあうのかな、と佐藤正午ファンはわくわくするものなのですが、期待を裏切らない落ちぶれっぷりでやっぱり津田伸一はこうでなくちゃ、というのはともかく、とある一家の失踪から二転三転、読者は上巻は翻弄されまくり、下巻は回収される伏線にうっとり、そしてあんなにうざかった津田伸一になぜかぐっときてしまう、そんな小説を読むたのしみがみっちりと詰まったお得な上下巻です。津田にもうすこしつきあってもいいかもしれないとおもえたら、『5』を読んでください。わたしの佐藤正午裏ベストです。

鳩の撃退法 上

鳩の撃退法 上

 
5 (角川文庫)

5 (角川文庫)

 

 

最後に、佐藤正午が小説を書くことをどのように考えているのかがうかがえる『小説の読み書き』をおすすめしたいとおもいます。『雪国』『銀の匙』などなど数々の名作を相手どり、小説家ならではのこまかすぎる視点をもってべりべりと作者の意図をはがしてみせ(時々間違える)、小説を読む技術を背中で見せてくれます。これを気に入った方には、『鳩の撃退法』から『月の満ち欠け』までのあいだの創作の舞台裏を見せてくれる『書くインタビュー』のシリーズをおすすめしたい。嫌味と自意識にまみれながら、まれにまじめな創作秘話が読める実にたのしい書簡集です。

小説の読み書き (岩波新書)

小説の読み書き (岩波新書)

 
書くインタビュー 1 (小学館文庫)

書くインタビュー 1 (小学館文庫)

 

 

あれもこれもぜんぶいいところがあるからぜんぶいいって言いたいところだけど(『永遠の1/2』久しぶりに読んだらやっぱりデビュー作にはすべてがあるなとおもったし、エッセイなら『ありのすさび』か『小説家の四季』もいいし、ギャンブル好きなところもいいから『Side B』も、とかもうとまらない)、このへんにして。

最後に、何度言っても足りませんが、ほんとうにおめでとうございます。今後のさらなるご活躍を心よりお祈りいたします。